カリウムの働き

水分調整で高血圧の原因ナトリウムの排出

青汁にも含まれているミネラルの一つがカリウムです。
カリウムの主な役割は水分調整を行って、ナトリウムの過剰摂取を抑えることです。体内に吸収されたカリウムは全身の組織に運ばれ大部分が細胞の中に取り込まれます。

細胞の内側と外側のカリウムとナトリウムの濃度差を一定に保ち、細胞内にナトリウムイオンが入ってきたら細胞の外にくみ出してカリウムイオンを細胞内に取り込むという働きがあります。

このような作用に何の意味があるのかというと浸透圧の調節や水分を保持する働き、神経伝達や筋肉の収縮、またはホルモンの分泌など、カリウムとナトリウムが入れ替わる作用をうまく活用して、これらを円滑に行うようにできています。

カリウムの一日摂取量目安は、男性で2500mg、女性で2000mgと思った以上に沢山摂取しなければいけませんが、多くの食品に含まれている成分でもあります。

キャベツであれば可食部100グラム当たり200mgのカリウムが含まれています。
通常の食生活を行っていれば、不足することは起きませんが塩分が多い食生活を続けていると、その分カリウムも必要となります。

カリウムやナトリウムを剥いてする作用があるので、食塩を沢山とってナトリウムが体内に増えると、それを排出する為にカリウムが消費されてしまいます。つまり、塩分多めの食生活ほど同時にカリウムも必要になるということです。

体内のカリウムの量を一定に調整しているのは腎臓の役割なので、高血圧や糖尿病なので排尿の量が増えると尿中へカリウムが多く排泄されてしまい体内の量が不足してしまうことがあるので注意しなければいけません。

身近な食材でカリウムを摂取する場合、ホウレン草には、4分の1束80g当たり552mgのカリウムが含まれています。また、バナナ一本150グラム当たり540mgのカリウムが含まれていますので、これらを入れた野菜ジュースを作りそこに青汁を追加すれば、一日の摂取量に近づくかもしれません。